お葬式と同じ日に行う初七日には2つ種類がある

お葬式当日に初七日を行うことを繰り上げ初七日と言います。繰り上げ初七日は、現在ではすでに一般的となっており、繰り上げ初七日には、戻り初七日と式中初七日の2種類があります。

戻り初七日とは、お葬式の後、火葬場へ行き、火葬を終えてからお葬式会場に戻って法要を行うことで、繰り上げ法要とも呼ばれます。繰り上げ法要は火葬後に行われるので、日にちを繰り上げただけで本来の法要に近いため、お寺さんに断られることはほとんどありません。関西で一般的に行われているスタイルです。

式中初七日とは、告別式の後、火葬を行う前に法要を行うもので、繰り込み法要と呼ばれることもあります。お葬式の式中に法要が行われるので、お葬式の参列者で火葬場に行けない人も参加することができます。火葬場の混雑状況や、お葬式会場の事情に影響を受けないこと、火葬場に戻る時間が短縮できることもあり、最近では繰り込み法要を選ぶご家族も増えてきています。ただし、式中初七日では火葬が終わっていないため、お骨になった故人を迎える還骨勤行と呼ばれるお経をあげることができません。そのため、お寺さんによっては、断られる可能性がある点については押さえておきましょう。