お葬式の式中初七日の注意点

初七日法要は、現在、お葬式当日に行う繰り上げ法要がほとんどで、中でも特に式中初七日が増えています。遠方から来る親戚や参列者への配慮からですが、必ずしもお葬式と同じ日に行う必要はなく、本来の日程で行うのもよいことです。お葬式と別の日に法要を行う場合には、自宅にお坊さんを呼ぶか、お寺さんを訪ねるかになります。法要の後には、精進落としと呼ばれる会食を行うのが一般的です。お葬式の後、数日での法要になりますので、しっかり準備しておきましょう。

お葬式当日に行う繰り上げ法要もすでに一般的となっているため、親族はもちろん、多くの場合、お寺さんにも反対されることは少ないでしょう。ただし、地域によっては式中初七日がそれほど知られていない場合もあるため注意が必要です。遠方から来られた方や年配の親族には、事前に説明しておくのがよいかもしれません。

初七日は本来、火葬の後に行うものです。そのため、式中初七日については、お寺さんの中には否定する声も根強く残っています。繰り上げ法要は基本的には遺族の都合ですが、お寺さんの理解が得られなければお葬式も法要も行うことはできません。菩提寺がある場合には、初七日法要についてお通夜までに相談しておくようにしましょう。