お葬式の式中初七日のお布施

法要を行う場合には、お坊さんへのお布施が必要です。お葬式には通夜と告別式2日間のお布施を準備するのが一般的ですが、それとは別に繰り上げ初七日のお布施が必要なのでしょうか。

結論から言えば、お葬式のお布施とは別に、繰り上げ法要のお布施を用意する必要はありません。お葬式のお布施には、枕経から通夜、告別式、戒名に加え、御膳料、お車代、繰り上げ法要のお布施も含まれているとされているためです。お葬式当日に行う初七日法要には、式中初七日と戻り初七日がありますが、いったん火葬場に移動する戻り初七日については、2度の来場・お勤めとなるため、お寺さんによってはお葬式とは別にお布施が必要なこともあるため確認する必要があります。式中初七日の場合には、お葬式とは別にお布施を用意する必要はありません。お布施が節約できることも、繰り上げ法要の大きなメリットだと言えるでしょう。

これに対し、お葬式とは別に初七日法要を行う場合には、別にお布施が必要となります。お坊さんに自宅に来ていただく場合には、お布施とは別にお車代も必要になります。

お布施の金額は、地域やお寺さんによって違います。わからない場合には率直に訪ねてみましょう。お布施とは本来、できる範囲でのお礼です。無理のない範囲でのお礼を心がけることも大切です。